宮崎県ってどんなところ?宮崎県の気候や自然環境、生活環境を知ろう

宮崎県の特長

一年中あったかい!

宮崎県の年間の平均気温は約17度(気象庁 気象観測統計)。
一年を通じて温暖な気候です。
また、平均気温(3位)、日照時間(3位)、快晴日数(2位)(いずれも1981年~2010年平年値)が全国トップクラス!
まさに「日本のひなた宮崎県」というキャッチフレーズがピッタリ!

関連サイト:「日本のひなた宮崎県」(外部サイト)

自然がいっぱい!

日照時間・快晴日数が多い反面、降水量でも九州一を誇っています。 バランスのよい気候が、植物の生長を促し、緑豊かな自然を形成しています。

山間部では雪も降る!

あたたかい、そして海のイメージがある宮崎県ですが、県西部は九州山地、霧島連山など山間部が多くみられます。平均気温も比較的低く、冬には雪が降る所もあります。五ヶ瀬町には日本最南端のスキー場があり、シーズンにはスキーやスノーボードを楽しむ人たちでにぎわいます。

おいしいものがたくさん!

温暖な気候を利用した農業が盛んで、きゅうりやピーマン、椎茸、マンゴーといった野菜・果物などが多く栽培されています。
また、牛・豚・鶏いずれも日本有数の生産高を誇り、特に肉牛については宮崎牛として、和牛のオリンピックといわれる「第全国和牛能力共進会」で内閣総理大臣賞を受賞しています。

日本一物価が安い!

宮崎市は全国でも消費者物価地域差指数(総合)が全国一の低さ(総務省統計庁 平成23年消費者物価指数年報)。
また地価も都市圏に比べて安く、住宅の建設費用も全国で最も安い水準です。

通勤・通学時間が日本一短い!

宮崎県内での通勤・通学時間の平均は約19分(週全体・総平均15歳以上:総務省統計局 平成23年社会生活基本調査)。
全国的にみると最も長いのが神奈川県(44分)で宮崎県はこの半分以下!「日本一短い」と言われています。

宮崎県のその他の日本一!

上記の他にも、キュウリやサトイモの収穫量(第89次農林水産省統計表(平成25~26年))、近海カツオ一本釣りの漁獲量(農林水産省平成25年漁業・養殖業生産統計)、Jリーグのキャンプ受け入れチーム数(宮崎県調べ)など、宮崎県の日本一はたくさんあります!

関連サイト:「宮崎の1番」を作成しました(外部サイト)
宮崎ひなた暮らし UIJターンセンター 宮崎本部
0985-27-3685
住所: 宮崎市錦町1-10 宮崎グリーンスフィア壱番館「KITEN」3階 みやざきJOBパークプラス内
メール: info-miyazaki@miyazaki-hinatagurashi.jp
開所時間: 月曜日~金曜日午前9時~午後6時
(土日、祝日及び年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)は休館)
宮崎ひなた暮らし UIJターンセンター 東京支部
03-6273-4200
住所: 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階 ふるさと回帰支援センター内
メール: info-tokyo@miyazaki-hinatagurashi.jp
開所時間: 火曜日~日曜日午前10時~午後6時
(月曜日、祝日及び年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)は休館)
宮崎ひなた移住倶楽部 会員募集中 会員か0度の提示で様々な特典が受けられます