高原町(たかはるちょう)豊かな自然の恵みをもたらす、霧島のふもと高原町。
平和であったかい人達と幸せな暮らしを送りませんか。

高原町

日々違った表情を見せてくれる、豊かな自然に囲まれた町 高原町。
時には自然の脅威を感じながらも、この地の人々は長い時間をかけ、神話の歴史と伝統を守り受け継いできました。
と同時に、町外の人々を受け入れる懐の広さも持ち合わせています。

今、高原町ではこれからの町の未来を見据え、新たな町おこしの取り組みが始まっています。
そんな高原町で町の人達と一緒に、豊かな資源を活かした息の長い町おこしをしたい方、募集中です。

高原町の移住相談窓口
高原町まちづくり推進課 地域創生戦略室住所:〒889-4492 西諸県郡高原町大字西麓899電話番号:0984-42-2128 FAX番号:0984-42-4623ホームページ:高原町のホームページはこちら

プロフィール

人口 9,155人 面積 85.4k㎡ 人口密度 107人/k㎡
気温 年平均…16.3℃
最高月平均…26.3℃
最低月平均…5.7℃
平均年間降水量 2569.1mm 平均年間積雪日数 0日
教育 保育所…6所、幼稚園…1園
小学校…4校、中学校…2校
高等学校…0校、特別支援学校…0校
医療 病院(入院ベッド数20床以上)…1
一般診療所(入院ベッド数19床以下)…2
小児科…1、産科…0、歯科診療所…3

産業

高原町の主産業は農畜産業で、水稲や里芋などのほか、牛・豚・鶏の生産もさかんです。
水稲は、霧島連山からの豊かで美しい湧水を活かした「ヒノヒカリ」が美味です。
また牛の生産では、質の高い宮崎牛が生産されています。
その他、豚肉・鶏肉を加工した「灰干し肉」や、お茶農家さんの作る「紅茶ゆるり」などが名産品として挙げられます。

  • 宮崎牛

    画像

    霧島山のふもとで育った宮崎牛は、質の高い水で育っているためおいしさも格別です。現在ふるさと納税で西諸産の宮崎牛を召し上がることができます。

  • 神楽そば

    画像

    毎年12月第1・第2土曜に開催される神楽にて、各家庭で振る舞われる「神楽そば」は 清らかな水で手打ちされ、寒い中の神楽鑑賞の合間にほっと温まる優しい味わいです。現在では祓川にあるお店で1年を通じ味わうことができます。

  • 紅茶ゆるり

    画像

    新燃岳の噴火後、復興を目指してお茶農家さんが開発された「紅茶ゆるり」。ストレートでもほのかに甘く、優しい味わいが特徴です。平成26年のMRTご当地グルメコンテストでは、この紅茶ゆるりと町内産の牛乳・氷を使った かき氷「ゆるりラテ氷」が準優勝に輝きました。

暮らし

『言葉』高原町では「西諸弁」という鹿児島寄りの言葉が使われます。外国語のようで覚えるのが面白いです。
『買い物』食料品は町内で、ホームセンターやドラッグストアなどは、お隣小林市を利用しています。
『車』あったほうが便利です。小林市までおよそ10分前後です。
『仕事』町内の他、お隣小林市・都城市や宮崎市まで通勤する方もいます。

  • 霧島登山マラソン

    画像

    地元有志で大会を始めてから、平成27年で早14回となります。毎年10月~11月に開催され、皇子原公園から高千穂峰山頂を目指し熱いレースが繰り広げられます。

  • まつり高原

    画像

    毎年多くの見物でにぎわう「まつり高原」は、8月第1日曜の夕方から開催されます。一番の人気は大玉の花火!すぐそばで見物できることから、どこの花火大会にも引けをとらない迫力を体感できます。

  • 軽トラ市(たかはるよりどり交流市)

    画像

    毎月第3日曜に開催される軽トラ市では、新鮮なお野菜・おいしいお惣菜の他 子ども達によるダンス披露や振る舞いなども行われ、毎回多くの方でにぎわいます。[開催時間]毎月第3日曜 8時30分~11時

移住サポート

移住者向けの支援として、主に3つの事業を行っています。
『お試し滞在』高原町の移住をお考えで、住居・仕事を探す活動などで宿泊する際に町内コテージを2,000円/人・泊で利用できます。
『空き家バンク』高原町内の登録された空き家物件をご紹介します。
『移住定住支援金』他市区町村から転入されたお二人以上の世帯・町内で住宅を新築または購入された際に利用できる制度です。

住まいに関するサポート

名称 空き家バンク事業(1)空き家バンク情報 (2)空き家リフォーム事業
内容・条件等 【内容】
(1)町内の登録された空き家をご紹介
(2)リフォーム事業に要する経費に対し最大20万円の補助金を交付
【条件】
空き家に入居後、行政班に加入頂くこと
リフォームは町内業者が施工する場合に限る
名称 高原町移住定住支援金交付事業
内容・条件等 【内容】
"移住者に対して移住支援金として1世帯30万円交付。
移住定住者に対して住宅等取得支援金として最大100万円を交付。(ただし、荒迫分譲地購入者は申請不可)"
名称 高原町お試し滞在事業
内容・条件等 【内容】
本町への移住定住を目的として住居又は仕事を探す活動等を行う者に対し、宿泊費の一部を助成。併せて、レンタカーの貸出しも実施。宿泊施設は、高原町観光協会関連施設又は北きりしま田舎物語推進協議会に登録している民泊農家。

子育てに関するサポート

名称 ①子育て支援センター②乳幼児医療費助成事業③子ども医療費助成事業④保育料等負担軽減事業⑤一時預かり事業
内容・条件等 【内容】
①ほほえみ館内にある、幼児用の遊具がある遊び場です(開所時間:9時~15時)。
②乳幼児(就学前)に対し、医療費の一部を助成。(自己負担なし)
③小・中学生の医療費の一部を助成。(入院のみ 1つの病院・1つの診療科ごとに月額1,000円)
④認可外保育施設の保育料や保育料とは別途徴収となっている幼稚園及び認定こども園における給食費の補助。(第2子半額、第3子以降無償)
⑤家庭において保育を受けることが一時的に困難となった乳幼児を幼稚園・保育所等で一時的に預かる。

交流・体験プログラム

農家民泊

農家に泊まって農作業を体験できるとともに、農家さん始め地元の方と語り合い、高原の良さを知ることができるオススメのプログラムです。

高原町の情報
市町村情報トップ ライフプランに合った市町村を見つけよう!
宮崎ひなた暮らし UIJターンセンター 宮崎本部
0985-27-3685
住所: 宮崎市錦町1-10 宮崎グリーンスフィア壱番館「KITEN」3階 みやざきJOBパークプラス内
メール: info-miyazaki@miyazaki-hinatagurashi.jp
開所時間: 月曜日~金曜日午前9時~午後6時
(土日、祝日及び年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)は休館)
宮崎ひなた暮らし UIJターンセンター 東京支部
03-6273-4200
住所: 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階 ふるさと回帰支援センター内
メール: info-tokyo@miyazaki-hinatagurashi.jp
開所時間: 火曜日~日曜日午前10時~午後6時
(月曜日、祝日及び年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)は休館)
宮崎ひなた移住倶楽部 会員募集中 会員か0度の提示で様々な特典が受けられます