トップページ > UIJターン体験談 > 安田 進二さん マイ子さん

安田 進二さん マイ子さん大阪府より小林市へ移住(進二さん:Iターン マイ子さん:Uターン)

安田 進二さん マイ子さん

家庭菜園で美味しいものができた時がなによりの喜びです。

移住するまでの経緯

(進二さん)
2013年に大阪から夫婦で移住してきました。私は大阪生まれで大阪育ち、通信関係のエンジニアとして働いていた企業をを早期退職して移住しました。当時、体調を崩すことがありまして、空気のきれいなところで暮らしたいなという思いがありました。妻が小林市の出身で、出来ればここでと考えていました。

テレビで「人生の楽園」という番組をよく見ていて、第2の人生は自分たちの健康のために、自然の中で出来る限り、半自給自足で暮らしたいなと思い、2~3年前から計画を立て、それが小林で出来るかどうか、何度も足を運びました。不動産屋も回ってみたのですが、小林市役所に相談したところ、空き家バンクの存在を教えてもらい、目標に近い物件が見つかりました。

経済面には不安はありましたけれど、いろいろとここまで計画も立てていましたので、前に進むしかないなと思って決めました。

(マイ子さん)
私は、小さい頃から美味しい野菜を食べて育ってきましたし、自分で作った野菜を食べたいなと思い、子どもが大きくなって離れてからは、兄弟もみんな居るこちらへ帰りたいなと感じるようになりました。不安もありましたけど、何とかなるかというか感じで(笑)

移住後の生活

普段の生活は、リタイアしていますので、畑を耕したり鳥の世話をしたりして過ごしています。

町内の常会に入りまして、移住して2年目には「にっこば・まちづくり協議会」に市役所の紹介で入らせていただきました。いろんなイベントがあるので参加して、地域の方と楽しく暮らしています。こちらに来て困ったことはないですね。太陽の下で体を動かしていますので、体の方は随分良くなりました。家庭菜園では、自分で種を撒いて、育てて、収穫して、美味しいものが出来た時がなによりの喜びです。鶏も自作の小屋で育てていて、初めての卵を産んでくれたときは嬉しかったですね。

小林市のよいところ

山あいなので津波の心配もないですし、大きな地震もこないだろうな、ここなら安全だなと思って選びました。物価が安く、野菜や果物の種類も豊富です。季節がはっきりしていて、いろんな花も咲きますし、空気も星空も非常に綺麗です。この近くは温泉も多いし、湧水も美味しく飲めるんですよ。

移住希望者へのアドバイス

~移住の目的に沿って計画を立てる+移住後には、地域の方と親しくなることが一番大事~

移住前には、電話やインターネットなどで、どのようなサポートをしていただけるかを市役所などで調べて、自分たちの移住の目的に沿って計画を立ててから、移住先を選ぶのが良いと思います。移住後には、地域の方と親しくなることが一番大事です。

  • 移住後の生活写真1
  • 移住後の生活写真2
  • 移住後の生活写真3
宮崎ひなた暮らし UIJターンセンター 宮崎本部
0985-27-3685
住所: 宮崎市錦町1-10 宮崎グリーンスフィア壱番館「KITEN」3階 みやざきJOBパークプラス内
メール: info-miyazaki@miyazaki-hinatagurashi.jp
開所時間: 月曜日~金曜日午前9時~午後6時
(土日、祝日及び年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)は休館)
宮崎ひなた暮らし UIJターンセンター 東京支部
03-6273-4200
住所: 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階 ふるさと回帰支援センター内
メール: info-tokyo@miyazaki-hinatagurashi.jp
開所時間: 火曜日~日曜日午前10時~午後6時
(月曜日、祝日及び年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)は休館)
宮崎ひなた移住倶楽部 会員募集中 会員か0度の提示で様々な特典が受けられます