トップページ > 「あったか宮崎ひなた暮らし」始めませんか? > 例えばこんな暮らし方

例えばこんな暮らし方宮崎県に移住した場合の暮らし方例を参考にしよう

例えばこんな暮らし方(1)自然の中で趣味を楽しむ生活

海や山を楽しむ

宮崎県の東には日向灘、西には九州山地や霧島連山と、自然環境に恵まれており、そうした海や山を大いに楽しむことができます。
海、山それぞれが、四季折々で景色を変えて、人々の目を楽しませてくれます。

また、豊かな自然で育まれた海の幸、山の幸を新鮮な状態で味わえるのも、「宮崎ひなた暮らし」の魅力といえます。

家庭菜園や釣りを趣味にして、自然の恵みを体感してみてはいかがでしょうか。

海や山を楽しむ

趣味を楽しむ

宮崎県内での通勤・通学時間の平均は約19分(週全体・総平均15歳以上:総務省統計局 平成23年社会生活基本調査)で全国一短いといわれています。その分、自分の趣味に時間を使うことができます。


海であればサーフィンやダイビング、フィッシングなど、山であれば登山、トレッキング、パラグライダーといった趣味を楽しむことができます。またゴルフをしたり、プロスポーツのキャンプを観に行くのも、宮崎県ならではの趣味といえるのではないでしょうか。

趣味を楽しむ

関連ページ

あなたのライフスタイルに合った市町村のおすすめスポットをご紹介します。

ライフスタイルinひなた

例えばこんな暮らし方(2)自然環境豊かな場所での子育て

自然がいっぱい

宮崎県は、道路にある樹木や自然景観を保護し、花や木を植栽して潤いの場にしようと、日本で初めて「沿道修景美化条例」を制定し、 人々の暮らしと自然が心地よく融合した街づくりに積極的に取り組んでいます。 また、一人あたりの都市公園面積が全国第二位の広さを誇るなど、宮崎の財産でもある自然を活かし、お子さまが生活の中でその恵みを実感できる豊かな環境が整っています。

自然がいっぱい

子育てについて

宮崎県は「いい子どもが育つ」都道府県ランキング(平成25年(株)共立総合研究所公表)で、2回連続第1位を獲得。
学力でだけでなく、基本的な生活習慣が身についていることも評価されています。
また、待機児童もゼロ(平成25年4月1日厚生労働省発表)で、合計特殊出生率(2012年)は全国第3位と、子育てしやすい環境となっています。

子育てについて

関連ページ

子育てに関するよくあるご質問とその回答をご覧いただけます。

よくあるご質問(子育て)

例えばこんな暮らし方(3)農業をしながらのんびり暮らす

温暖な気候

宮崎県の年間の平均気温は約17度(気象庁 気象観測統計)。
一年を通じて温暖な気候です。また、平均気温(3位)、日照時間(3位)、快晴日数(2位)(いずれも1981年~2010年平年値)が全国トップクラス。同時に降水量でも九州一を誇り、バランスの良い気候が、植物の生長を促し、緑豊かな自然を形成しています。

温暖な気候

農業について

宮崎県は全国有数の農業県で、全労働力人口の総数に対する第1次産業の就業者比率が全国的に見て高いという特徴があります。特に、山間地域では第1次産業に従事する人の割合が高い傾向にあります。
また、専業でなくとも、菜園や農地を持ち農作物を育てている家庭もあり、農業に関して恵まれた環境にあるといえます。

農業について

関連ページ

体験型観光、農家民泊等の情報をご紹介します。

体験型観光・グリーンツーリズム・
農家民泊

県内の農畜産業に関する情報と関連サイトをご紹介します。

仕事情報:農畜産業
宮崎ひなた暮らし UIJターンセンター 宮崎本部
0985-27-3685
住所: 宮崎市錦町1-10 宮崎グリーンスフィア壱番館「KITEN」3階 みやざきJOBパークプラス内
メール: info-miyazaki@miyazaki-hinatagurashi.jp
開所時間: 月曜日~金曜日午前9時~午後6時
(土日、祝日及び年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)は休館)
宮崎ひなた暮らし UIJターンセンター 東京支部
03-6273-4200
住所: 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階 ふるさと回帰支援センター内
メール: info-tokyo@miyazaki-hinatagurashi.jp
開所時間: 火曜日~日曜日午前10時~午後6時
(月曜日、祝日及び年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)は休館)
宮崎ひなた移住倶楽部 会員募集中 会員か0度の提示で様々な特典が受けられます