高千穂町(たかちほちょう)

ホーム >  宮崎について >  市町村情報 >  高千穂町(たかちほちょう)

神々の里 高千穂

高千穂町は、高千穂峡や神社、夜神楽などの伝統芸能などを有しており宮崎を代表する観光地として県内外から多くの人が訪れます。 夜神楽や地域の清掃活動などみんなで助けあいながら暮らす共助の精神が根付いているため、数ある神話や伝統が受け継がれ農村景観が守られています。

プロフィール

人口 11,671人
面積 237.5km²
人口密度 49.1人/km²
気温 年平均…14.3℃
最高月平均…20.4℃
最低月平均…9.6℃
平均年間降水量 2261.2㎜
平均年間積雪日数 0日
教育 保育所…5所、幼稚園…1園、幼保園...1園
小学校…5校、中学校…2校
高等学校…1校、特別支援学校…1校
医療 病院(入院ベッド数20床以上)…2
一般診療所(入院ベッド数19床以下)…3
小児科…1、産科…1、歯科診療所…4

高千穂町の産業の中核は農業です。寒暖の差が大きく、夏場には涼しい高冷地気候を活かして、多くの作物が作られています。高千穂の山々の斜面に階段状に広がった棚田は、美味しい高千穂枚の生まれるところ。昼夜の温度差が米の味にいい影響を与えるのに加え、刈り取り後に掛け干しすることで、さらに食味の良い米ができます。
高冷地は、野菜や花の栽培に適しキュウリ、トマトをはじめナス、ピーマンなど生産量も種類も豊富です。
他にも高千穂で生まれ、山野草を中心としたミネラル豊富な餌を食べ育った「高千穂牛」は、第9回全国和牛能力共進会にて内閣総理大臣賞を受賞するなど和牛日本一の里として畜産業も盛んです。
また、宮崎県内観光地のトップを誇る高千穂を訪れる観光旅行者は年々増加し観光産業も賑わいを見せています。

神楽面

神楽面イメージ

高千穂の伝統的な工芸品に神楽面があります。実際に神楽に使われる面は軽い桐、記念品やお土産用の面は楠を材料として、のみでこつこつと丁寧に彫っていきます。全行程が職人の過多による手作業。タヂカラオノミコトやアメノウズメノミコトなど面によって表情が異なり、生きた表情を出すのは至難の業ですが、神楽面用独特の工夫をした一刀彫りの工具と熟練した技術が、繊細な表情を生み出しています。

高千穂町は、九州のほぼ中央に位置しており、熊本県と大分県に隣接しており特に熊本市内へのアクセスは1時間半程度と比較的アクセスしやすく、最寄りの空港も、阿蘇くまもと空港となっています。2時間圏内で九州を代表する温泉地や観光地にもアクセスでき、余暇を旅行で満喫することができます。

高千穂町には神話や自然と触れ合えるスポットがたくさんあります。
また、食事も、内閣総理大臣賞を受賞した高千穂牛などを楽しむことができます。
五感で楽しめるスポットになっています。

高千穂峡

高千穂峡イメージ

宮崎県を代表する観光スポットで、約12万年前と約9万年前の阿蘇山の噴火による溶岩が浸食されて作られた、美しい柱状節理と水、緑によって形成された峡谷です。
国の名勝・天然記念物に指定されており、峡谷に流れ落ちる真名井の滝や、貸しボートで峡谷内を遊覧できるなど見どころも満載です。

高千穂牛

高千穂牛イメージ

第9回全国和牛能力共進会」において見事内閣総理大臣賞を受賞した高千穂牛はやわらかく、脂に甘味があり、 芳醇な味わいはまさに格別です。
「高千穂地区農協管内で生産され肥育された黒毛和牛で、格付等級A4以上」という厳しい基準をクリアしたものだけが高千穂牛として認められます。
肉が柔らかく、とくに「さし」と呼ばれる霜降りは、甘みのある脂で豊潤な旨味をまとい舌触りのやわらかな最高級品です。

農畜産物直売所がまだせ市場

農畜産物直売所がまだせ市場イメージ

こだわりの新鮮野菜・加工品・手芸品が並ぶ高千穂生まれの物産市場「鬼八の蔵」をはじめ、日本一の高千穂牛が堪能できる「レストラン和」や高千穂牛を加工販売する「JA高千穂地区ミートセンター」など高千穂の心が凝縮された新しい感覚の市場です。

移住サポート

高千穂町では、NPO法人一滴の会と協働し、移住希望者/移住後のサポートなどを行っています。
移住の失敗を防ぐため、一人一人の状況や希望を勘案し、相談業務やアドバイス等を行っています。
他にも空き屋の斡旋なども行っています。

仕事に関するサポート

名称
内容・条件

住まいに関するサポート

名称 高千穂町移住・定住住宅改修事業
内容・条件 町外からの移住者及び、転入者を受け入れる賃貸住宅の所有者が行う、住宅の改修工事(増改築・修繕・補修)に係る経費の1/2を補助(上限20万円)

子育てに関するサポート

名称 子育て支援金
内容・条件 町内に定住する見込みのある子育て世帯に手当を支給。
第1子・・・出生、小学校入学、中学校入学時に30,000円
第2子・・・出生、小学校入学、中学校入学時に50,000円
第3子・・・出生、小学校入学、中学校入学時に100,000円
第4子以降は、第3子の額に50,000円ずつ加算されます。
(例:第4子・・・150,000円、第5子・・・200,000円)
名称 こども医療費助成
内容・条件 町内に住む児童の医療費を中学校を卒業するまで全額助成。

高千穂町(たかちほちょう)の移住相談窓口

高千穂町 企画観光課

住所:宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井13

電話番号:0982-73-1207  FAX番号:0982-73-1225

高千穂町(たかちほちょう)のホームページはこちら
高千穂町 企画観光課イメージ
移住までの
ステップ
ライフスタイル
診断
よくあるご質問 イベント情報

移住に関するご質問、ご相談はお気軽にどうぞ!

TOPに戻る